カバの特徴や習性

  • 2023年7月13日
  • 2023年7月13日
  • 生き物
  • 155回
  • 0件

ある朝、目が覚めると口の中がカサカサ、水分が全くなく、まるでひび割れた田んぼのようで痛いくらいでした。

ほかの症状は何もなく、最近肌も何もかも潤いがないので、歳のせいぐらいに考えていました。

ところがその後ほとんど毎朝、目が覚めると口の中が同じ状態。でも水を飲めば治ってしまうので忘れかけていました。

教会(天元教)へ伺った折、その症状をふと思い出しお話をすると、先生から、「動物のカバの縋りを断ってみたら」と教えて頂きました。

早速家に帰って断ってみました。

あくる朝起きてみると、今までのあの口の乾いた症状がありませんでした。びっくりしました。

後日、カバの救い上げの供養(成仏供養)をさせて頂き、正常な状態に戻ることが出来ました。

カバと言えば特徴的な大きな口。大あくびもします。寝ている時の口の異変で縋っていることを知らせてきたのです。

また、家内が申すには、夜、寝言が続いていたそうで、それもカバの縋りと分かってからはなくなったそうです。

カバは夜行性ですので、夜に活動するのですね。

このような動物が縋ってくるとは思いもよりませんでした。

アミくん 70代 男性

※断る:原因が判明したことや取り除きのお願いなどを述べる
※縋り:成仏できず助けを求めてくること