トイレトレーニング

  • 2022年7月18日
  • 2022年7月18日
  • 子育て
  • 204回
  • 0件

三男が生まれ、オムツ購入が2倍になるのは大変と思い、次男のトイレトレーニングを始めました!

おしっこはスムーズにトイレで出来るようになったのですが、うんちはトイレでするのが怖いのかなかなかしてくれず、次第にオムツの中ですることもできなくなってしまいました。

お腹が痛くなっても我慢してしまい、最長10日もしないのです。

トイレトレーニングなんて始めなきゃよかった…と後悔してもどうにもならず、お通じの良くなる食べ物を食べさせたり、マッサージをしたり、トイレを楽しい場所にしたり色々な工夫をしましたが、トイレでもオムツでもしてくれないのです。。。

1週間出ないと病院で完腸してもらう、の繰り返しでした。

そんな状況の中、祖父母が孫達を旅行に連れて行ってくれるというのです。

私はとても心配だったのですが、おばあちゃんは、「ピーピーだと困るけど帰って来るまで出ないなら大丈夫」と連れて行ってくれました。

でもやはり、旅行中にお腹が痛くなってしまったらしく、、、

おばあちゃんは、トイレに座らせ、指で「の」の字を書くようにお腹をさすり「南無忠孝妙法典(なむちゅうこうみょうほうてん)」と唱えると、うんちがすんなり出たそうです。

それ以来、トイレでうんちが出来るようになり、無事にオムツを卒業することが出来ました。
 
そしてあれから数年後のことです。

私が便秘で困っていると、次男が「おばあちゃんに南無忠孝妙法典ってさすってもらうといいよ」と言うのです。

2歳の時の体験をしっかりと覚えていたことに驚いたと同時に、感謝の気持ちと思いやりの心が育ってきていることを感じ、とても嬉しく思いました。

いつも笑顔が目標!ママ 40代 3人の男の子の母

南無忠孝妙法典:天元教の唱題です。