手を尽くした後の「神頼み」

  • 2023年6月13日
  • 2023年6月13日
  • 神様
  • 228回
  • 0件

今池のライブハウスに幼馴染の同級生と一緒に車で遊びにいき、車をパーキングに停めました。

二人ともそれ程、方向音痴ではないのですが、土地勘がなかったのでポイントを記憶しておきました。

・大通りから左折して入った道
・ライブハウスからまっすぐ行って交差点を右に曲がればよい
・ライブハウスから徒歩5分の距離

しかし、音楽を聞いて帰ろうとすると、なにか記憶がない、、、。

思い出しながら同じ道を行ったり来たりして、困りました。

2時間が経ち明るい夕方だった空も暗いです。余計に分かりません。

携帯のバッテリーもどんどん無くなっていき途方に暮れてあきらめかけて、明日出直してみようかと相談したりしました。

そして、ぼくは最後の最後に、小さな声で「身曾貴之祓みそぎのはらい・・」と教典を唱え、「神様、道に迷ったので教えてください」とお願いしました。

するとぱっとその場所に着きました。助けて頂けて、とてもよかったです。

数年前にも同じような経験をさせて頂きました。

仕事に行く時に車の鍵を失くしてしまいました。

いつも置いてあるところにもありません。仕事にも出発できません。

いろいろな場所を確認しました。

手を尽くしたかなとあきらめかけた時、教典を唱えて神様にお願いしました。

すると、庭で干している前日履いていた作業ズボンのポケットのなかからやっと出てきました。

どちらも神様に教えてくださいとお願いすると、必ず神様は自分の何かが身体から出て行ったようにしてくださって、教えてくれます。

今のところ必ず助けて頂いています。そして、いつも最後に御礼を言うのも欠かしていません。

困った時の神頼みばかりではいけませんし、必ず叶えて頂けるとも限らないと思いますが、手を尽くしても解決せず、どうしても困ったときのみにお願いするようにしています。

孤高のベーシスト 40代男性
※教典:神様のお名前や祝詞が書かれたもの