「人としてどうあるべきか」を「稲盛和夫一日一言」からも学ぶ

  • 2022年11月29日
  • 2022年11月29日
  • 書籍紹介
  • 135回
  • 0件

2022年8月24日に稲盛和夫さんが亡くなり、恥ずかしながら、そのご功績をニュースなどで知りました。

とても興味深く拝見し、「稲盛和夫一日一言」を購入し、日々読ませて頂いています。

心のあり方、模範となる行動、天や神を意識されたご発言など、「人としてどうあるべきか」をしっかりと捉えられているからこその言葉がたくさんあります。

私はこのようなことを天元教で学ばせて頂いていており、多くの共通点を感じました。

「人としてどうあるべきか」をどこかで学び、日々実践しようとすることが大切だと思います。

天元教で一緒に学んでくださる方が増えていけばなと思っています!

kotobuki 40代 4児の父